1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 桐蔭学園、4強進出 前回覇者の大阪桐蔭を破る

高校ラグビー
桐蔭学園、4強進出 前回覇者の大阪桐蔭を破る

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年1月3日(金) 16:40

【桐蔭学園―大阪桐蔭】前半、桐蔭学園の久松がトライ、キックも決まり14―0とする=花園ラグビー場
【桐蔭学園―大阪桐蔭】前半、桐蔭学園の久松がトライ、キックも決まり14―0とする=花園ラグビー場

 全国高校ラグビー大会第5日は3日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準々決勝を行い、今春の全国選抜大会で3連覇を遂げて7月の全国7人制大会も制し、初の花園単独優勝を狙うAシードの神奈川代表・桐蔭学園は31―12で前回覇者のBシード・大阪桐蔭(大阪第1)を撃破し、5大会連続12度目のベスト4進出を決めた。

【写真特集】桐蔭学園―大阪桐蔭

 桐蔭は前半15分にフッカー中山大暉(2年)が先制トライを奪い、同18分には相手キックオフからフランカー久松春陽大(3年)がノーホイッスルトライを決めるなど21―0で折り返した。後半はCTB渡辺誠人(3年)のトライなどでリードを広げ前々回の準決勝、前回の決勝で惜敗した宿敵に雪辱を果たした。

 抽選の結果、桐蔭は5日の準決勝第2試合(試合開始午後2時半)で、Bシード・東福岡と対戦することが決まり、前回大会と同カードとなった。

ラグビーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング