1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 桐蔭学園8強入り 高校ラグビー、5大会連続

桐蔭学園8強入り 高校ラグビー、5大会連続

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年1月3日(金) 05:00

 ラグビーの全国高校大会第4日は1日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われ、Aシードで初の単独優勝を狙う神奈川代表の桐蔭学園は78─5で県浦和(埼玉)を退け、5大会連続の準々決勝進出を決めた。

 桐蔭学園が12トライを奪って圧倒。素早い展開と縦突破を繰り返して相手を揺さぶり、SH島本のトライを皮切りに前半だけで7トライを挙げた。ただ、後半12分にモールで40メートル押し切られてトライを許した場面はもったいなかった。

父は稲垣恩師
途中出場CTB樋口、愚直に縦突破


【桐蔭学園-県浦和】後半、キックパスをキャッチした樋口がトライ=花園ラグビー場
【桐蔭学園-県浦和】後半、キックパスをキャッチした樋口がトライ=花園ラグビー場

 ようやく出番が回ってきた。県予選3回戦以来のピッチに立った桐蔭学園のCTB樋口が見せ場をつくったのは後半24分。1年生SO今野のキックパスを呼び込んで右隅にトライを決めた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ラグビーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング