1. ホーム
  2. スポーツ
  3. スケボー世界強豪、寒川に集う 20年4月に五輪予選

スケボー世界強豪、寒川に集う 20年4月に五輪予選

スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年12月31日(火) 10:30

来年4月の「ARK LEAGUE」に向け意気込みを語った木村町長(右から2人目)や内野さん(右)ら=県庁
来年4月の「ARK LEAGUE」に向け意気込みを語った木村町長(右から2人目)や内野さん(右)ら=県庁

 スケートボード競技のトップ選手が集うストリートスポーツの国際大会「ARK LEAGUE(アークリーグ)」が来年4月22~26日、寒川町で開かれる。東京五輪スケートボード(ストリート種目)の予選対象大会に位置付けられ、国内外の強豪が世界トップレベルの技でしのぎを削る。同町での開催は今年4月に続き2回目。

 大会は13~16年に神戸市で開かれた平地で技術を競うBMX種目「フラットランド」の世界王者決定戦が前身。17年にスケートボードが、寒川町に開催地を移した今年4月にはブレークダンスがそれぞれ加わった。来年はスケートボード1種目のみの開催となる。

 11月21日に県庁で会見した木村俊雄寒川町長は「五輪予選大会がわが町で開かれることに驚きと喜びでいっぱい。ストリートスポーツの聖地を目指したい」と意気込んだ。大会のオーガナイザーを務めるBMXの内野洋平さんは「五輪本番に近づくにつれ、選手がどんどん仕上がってくる重要な大会」とアピールした。

 会場はシンコースポーツ寒川アリーナ(寒川総合体育館)。主催者によると、国内外から男女100~150人の選手が参加し、2万5千人の観客動員を見込む。

スケートボードに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング