1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎・阿部ら初招集  東アジアE-1選手権へ

サッカー日本代表
川崎・阿部ら初招集  東アジアE-1選手権へ

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年11月30日(木) 14:26

日本代表に初招集された川崎・阿部=埼玉スタジアム
日本代表に初招集された川崎・阿部=埼玉スタジアム

 日本サッカー協会は29日、12月の東アジアE-1選手権に臨む男子の日本代表23人を発表し、MF清武(C大阪)やFW金崎(鹿島)が復帰し、DF初瀬(G大阪)やMF三竿健(鹿島)、FW伊東(柏)阿部(川崎)らが初選出された。海外組は招集せず、国内組のみで編成した。

 鹿島とG大阪から最多の6人ずつが名を連ね、クラブワールドカップ(W杯)に出場する浦和からは選ばなかった。日本は2年前の前回大会で2分け1敗の最下位に終わっており、ハリルホジッチ監督は「ホームなので優勝を目指す。W杯に向けた準備の一環であることも忘れてはいけない」と話した。日本は9日に北朝鮮、12日に中国、16日に韓国と東京・味の素スタジアムで対戦する。

川崎から5人 アピールへ絶好の場


 東アジアの頂を目指す23人に、J1川崎からは鹿島とG大阪(ともに6人)に次ぐ5人が選出された。

 最注目は初招集の阿部だ。G大阪から移籍した今季はここまでリーグ戦26試合で自己最多を更新する9得点。持ち前のシュートセンスに加え、前線で起用され続けることで、ゴール前の嗅覚に磨きがかかった。

 今大会はFWとして招集。日本代表のハリルホジッチ監督は複数の攻撃的ポジションをこなせる有用性を評価し、「リズムチェンジとスピードアップができる選手」と期待をかけた。

 今季のリーグ戦でキャリアハイの19得点を挙げているエース小林はことし3月以来となる招集。ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦で試されたボランチの大島にも再びチャンスが与えられた。

 最終ラインでは左サイドバックの車屋に加え、センターバック谷口が2年5カ月ぶりの選出。「いいパフォーマンスを見せているチームから多くの代表選手が出てくる」と指揮官が言うように、2位につける川崎でのプレーが評価された。

 「Jリーグの選手にとっては(海外組を含めた)A代表に立候補するチャンス。意欲的にやってくれると思う」と指揮官。来年6月に開幕するW杯ロシア大会に向けたメンバー選考は最終段階に入っており、川崎の5人にとっては絶好のアピールの場になる。

意欲的にプレーを 
 ハリルホジッチ日本代表監督の話 W杯に向けた準備で最後の直線に入る前のテストとなる。経験が豊富な選手とそうでない選手を交ぜたが、全員に意欲的にプレーしてほしい。


日本代表に初招集された川崎・阿部=埼玉スタジアム
日本代表に初招集された川崎・阿部=埼玉スタジアム

こちらもおすすめ

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

スポーツに関するランキング

    アクセスランキング