1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 白井が跳馬でトップの点数 体操・豊田国際競技会

白井が跳馬でトップの点数 体操・豊田国際競技会

スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年12月16日(月) 05:00

 種目別で争う体操の豊田国際競技会最終日は15日、愛知県の豊田市総合体育館で行われ、10月の世界選手権で代表だった神本雄也(コナミスポーツ)が平行棒を15・033点、跳馬を14・033点で制し、前日のつり輪と合わせて今大会3冠を達成した。

 オープン参加で順位のつかない白井健三(日体大大学院)は跳馬が14・566点、鉄棒は14・133点だった。

確かな手応え、輝き再び

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

白井健三(体操)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング