1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 憧れの女子プロ野球に 藤沢清流・三浦、元気与える選手に

憧れの女子プロ野球に 藤沢清流・三浦、元気与える選手に

スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年12月11日(水) 10:25

「子どもたちの憧れの存在になりたい」と笑顔で語った藤沢清流高の三浦=同校
「子どもたちの憧れの存在になりたい」と笑顔で語った藤沢清流高の三浦=同校

 ずっと憧れを抱いていた世界への扉を開いた。今夏の神奈川大会を第2シ-ドで戦った藤沢清流高硬式野球部で男子部員に交じって、技量を高めてきた三浦柚恵(17)がこの秋、女子プロ野球リ-グの入団テストに合格した。177センチの本格派右腕は「私がやりたいからやる。子どもたちに夢、見た人に元気を与えられるような選手になりたい。応援してくれるみんなを喜ばせたい」という目標に向け、一歩を踏み出した。

 3人のきょうだいを追うように、少女は小学1年生から横浜市の大正少年野球部でプレ-。4年生からはピッチャ-として活躍した。3歳上の姉・柚記も汗を流した深谷中時代には男子部員を押しのけて背番号1も任され、女子野球チ-ムの「横浜クラブ」では全国3位に輝いた。

 「プロを目指せるポテンシャルがあるよ」

 全国大会で相手の監督から言われた言葉が、三浦に夢を描かせた。

 「女子プロ野球選手になる。高校では女子最速の130キロを目指す」。中学3年の秋、メジャ-リ-ガ-にまで成長した大谷翔平(エンゼルス)に倣って、目標達成シ-トに書き入れた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング