1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 宮台康平投手(湘南高-東大)、日本ハム7位 「一日一日を大事に」

宮台康平投手(湘南高-東大)、日本ハム7位 「一日一日を大事に」

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年10月27日(金) 02:00

日本ハムから7位指名を受け、東大の浜田一志監督(右端)とポーズをとる宮台康平投手 =東京都文京区
日本ハムから7位指名を受け、東大の浜田一志監督(右端)とポーズをとる宮台康平投手 =東京都文京区

 ドラフト会議開始から約2時間半。待ちに待った瞬間が訪れた。「無事に指名されてほっとした。本当にうれしい」。日本ハムに7位指名され、東大から6人目のプロ野球選手誕生が確実になった東大のエース宮台康平は頬を緩めた。

 最速150キロの直球が武器。左の本格派として注目され、今秋の東京六大学リーグで15年ぶりの勝ち点獲得に貢献。通算6勝で六大学のマウンドを締めくくった。

 日本ハムの1位指名は今ドラフト最注目の早実高・清宮。「人間的にも見習う部分がたくさんある。ぜひ話してみたい」と対面を心待ちにしている。

 「指名された選手の中で一番下手なので、一日一日を大事にうまくなって、早くプロの舞台で活躍できる選手になりたい」。「最も困難な道に挑戦せよ」という湘南高時代の恩師の言葉を胸に、さらなる高みを目指す。

みやだい・こうへい 投手。戸塚中-湘南高-東大。178センチ、83キロ。左投げ左打ち。22歳。

ドラフト会議に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング