1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 日大・小方、頂へ独り旅 男子400個人メドレー

高校総体
日大・小方、頂へ独り旅 男子400個人メドレー

スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年8月21日(水) 05:00

【全国高校総体 男子400メートル個人メドレー】1年生ながら頂点に立ち、同種目200メートルとの2冠を成し遂げた日大・小方
【全国高校総体 男子400メートル個人メドレー】1年生ながら頂点に立ち、同種目200メートルとの2冠を成し遂げた日大・小方

2冠達成 五輪も視野

 2位との差は3秒14。後続がまだ懸命にゴールへと突き進む中、男子400メートル個人メドレーを制した日大の小方はプールから顔をのぞかせ、人さし指を突き上げた。

 「タイム的には少し悔しい」と言う1年生スイマーの勢いを、誰にも止められない。「前半で抑えたら勝てない。ガンガンいく」。バタフライでトップに立ち、続く背泳ぎで2番手を2秒以上も突き放す。平泳ぎ、自由形と独り旅で、同種目200メートルとの2冠達成だ。

 「全種目泳げちゃうから始めた」というメドレー。初の大舞台で栄冠を極め「2バタ(200メートルバタフライ)とか2ブレ(同平泳ぎ)でも上を目指したい」という新たな意欲ものぞかせた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング