1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 同門の3人、横浜から世界へ 8月フランスで大会

バトントワリング
同門の3人、横浜から世界へ 8月フランスで大会

スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年6月10日(月) 17:51

 ことし8月にフランスで開催されるバトントワリングの世界大会に、同じバトン教室で高め合ってきた3人が日本代表として出場する。大学生ペアの仲澤友莉菜(21)と平久井愛由(21)、そして港南中3年の齋藤晟(14)。よりダイナミックに、より美しく舞い踊り、この夏、世界をくぎ付けにする。

 同い年でペアを組む仲澤と平久井。3月の全日本選手権大会のO-19(19歳以上)部門で準優勝し、世界大会の「アーティスティックペア」アダルト部門で初となる日本代表に選ばれた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

バトントワリングに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング