1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 浅田真央 年収4億円も…プロ転向で出演料2倍のバブル到来

女性自身
浅田真央 年収4億円も…プロ転向で出演料2倍のバブル到来

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年8月3日(木) 16:20

浅田真央 年収4億円も…プロ転向で出演料2倍のバブル到来(写真:女性自身)
浅田真央 年収4億円も…プロ転向で出演料2倍のバブル到来(写真:女性自身)

 「選手生活の晩年に見せた辛そうな表情を覚えていますから……。心の底から楽しそうに演技する真央ちゃんの姿を見て、涙が出てしまいました。本当に美しい、心に響く滑りでした」(会場にいた女性客)

 競技者として引退した浅田真央(26)。7月29日に始まったプロスケーター初仕事『THE ICE 2017』で、見事な演技を見せた。

 「出演料は競技者時代の2倍になっているそうです。1日あたりメインで200万円、ゲストでも150万円ほどになったと聞いています」(スポーツジャーナリスト)

 ちなみに先輩・荒川静香(35)が、引退翌年に出演したアイスショーは61回。仮に同程度、浅田が出演すれば、それだけで1億円ほど稼げることになる。リンク外での収入もある。

 「CM出演料に関しては、4~5千万円まで上がっています。引退時点で彼女がCMやイメージキャラクター契約を結んでいた企業は9社。引退後もスポンサー離れは起きていません」(スケート関係者)

 引退後の荒川選手のようにテレビ番組などに、積極的に出演すればさらなる収入増も。

 「テレビの出演料も、倍の300万円になったそうです。今までは出演料やスポンサー料から、一定の割合をスケート連盟に収めていましたが、今後はそれもなくなります。さらにコーチ費用やリンク使用料も、選手時代ほどはかからなくなる。現役時代から2億円以上の年収があったと言われる浅田さんですが、プロになれば倍の4億円は見込めると思います」(前出・ジャーナリスト)

 荒川は、引退後に推定2億5千万円の豪邸を無借金で建てた。だが荒川と浅田には大きな違いがあるという。

 「24歳で金メダルを取ってから、国民的なスターになった荒川さんと違い、真央ちゃんは10代のころから常に世間の注目を浴びてきました。いわゆる『青春』というものがないに等しかったし、十分働いたという感覚はある。普通の女の子として、勉強、恋愛だってしてみたいと考えても不思議ではないでしょう。いずれ日本を離れ、海外の大学に入るという選択肢もあるかもしれませんね」(別のスケート関係者)

 国民の期待を背負ってきた浅田。これから自分のための人生を楽しんでほしい。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。
【関連記事】
浅田真央がスマホ待ち受けにする“フランス人カレ”の存在
浅田真央 連盟最後の演技要請を拒否!消えた“幻の出演計画”
浅田真央 胸中告白!母の墓前に捧げた「赤いバラの花束」
浅田真央「夢に出てきて…」引退陰にあった亡き母の“遺言”
浅田真央 中古物件を極秘購入…母と抱いた“真央ルーム”の夢

女性自身に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング