1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 相原中出身の丸山、意地の連覇 男子66キロ級 柔道

相原中出身の丸山、意地の連覇 男子66キロ級 柔道

スポーツ | 神奈川新聞 | 2019年4月8日(月) 11:07

 柔道の世界選手権東京大会(8月25日~9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は7日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子73キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が決勝で17年世界王者の橋本壮市(パーク24、東海大相模高出身)を延長の末に優勢勝ちし、3年ぶり3度目の優勝を果たした。

 男子66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス、相原中出身)が世界選手権2連覇の阿部一二三(日体大)との13分を超える熱戦を優勢勝ちし、2年連続2度目の制覇。女子57キロ級は昨年世界女王の芳田司(コマツ、相原中出身)が3年ぶり2度目の優勝を決めた。

 女子48キロ級の山崎珠美(自衛隊体育学校)は準優勝で連覇を逃した。

死闘制し形勢逆転

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

柔道に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング