1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 男子8種、原口(武相)が制覇

男子8種、原口(武相)が制覇

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年6月18日(日) 02:00

【関東高校陸上大会南関東地区予選会 男子八種競技やり投げ】大会新の5772点で優勝した武相の原口 =千葉県総合スポーツセンター陸上競技場
【関東高校陸上大会南関東地区予選会 男子八種競技やり投げ】大会新の5772点で優勝した武相の原口 =千葉県総合スポーツセンター陸上競技場

 全国高校総体(インターハイ)の予選を兼ねた陸上の関東大会南関東地区予選会第2日は17日、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で行われ、県勢は男子八種競技で武相の原口凜が5772点で優勝。泉谷駿介も5648点の2位で続き、いずれも大会記録を上回った。

 400メートルリレーの男子は法政二が40秒72で頂点に立ち、女子は相洋が2位。女子円盤投げは大迫晴香(平塚学園)が44メートル33で初の栄冠をつかみ、同1500メートルはリンズィーヘレナ芽衣(金沢)が4分21秒06で2連覇した。

 女子400メートル障害は徳原京香(川和)が1分0秒75で、同棒高跳びは遠田光李(橘)が3メートル30で2位。100メートルの男子は宇野大地(桐蔭学園)が10秒64で、女子は前川梨花(橘)が11秒96でいずれも2位だった。

輝き競い合い、日本一へ


 そのきらめきを競い合うように、男子八種競技は武相勢がワンツーフィニッシュを飾った。5月の県総体で泉谷が日本歴代7位の5815点をたたき出せば、この日の主役は原口だ。

 ラストに得意の1500メートルを残して4975点。「最後は何も考えず全力。タイムのことは考えていなかった」。最後の力を振り絞り4分22秒09でゴール。8種目のトータル5772点で大会新記録を樹立した。

 県総体後に骨盤を痛め、不安を残す中での戦いだった。それでも「泉谷の記録を超えてやりたかった」。1500メートルのタイムにしてあと7秒。悔しげに眉を寄せた。

 現役高校生の全国ランキングで1位と2位。最も身近な存在と頂点を競うことが成長の原動力だ。日頃からアドバイスを送り合い、改善点を導く。原口の好記録を呼び込んだ走り幅跳びは「県大会の時に全然駄目だったので(泉谷から)もっと練習した方がいいって言われた」という種目だった。

 一人の輝きはもう片方も照らす。互いに成長を確かめ、戦いは夏の全国総体へ。

 「今度こそ泉谷の記録を超える。またワンツーで高校記録を塗り替えて武相の名を響かせたい」と原口が言えば、泉谷も「今回は全体的に振るわなかったけどインターハイは譲らない」。日本一の称号、そして日本高校記録の6214点も視界に捉えている。

大迫 自己ベスト更新


 女子円盤投げは大迫が1投目に記録した44メートル33で自己ベストを更新して頂点に立った。「技術的な部分でターンの入りを修正してきた」と、42メートル27を投じた先月の県総体からさらに進化。今季の全国高校ランキングで4位の好記録をたたき出した。

 1年時の昨夏出場したインターハイは予選敗退。「昨年は結果を残せなかったので今年は46から47メートルくらいを狙っていきたい」。有力視される砲丸投げを含め、全国2冠を狙っていく。

法政二は僅差で栄冠


 男子400メートルリレーは法政二が優勝。2位に100分の2秒差の栄冠に、アンカー三浦は「予選のタイムは良くなかったけど、お互いを信じて戦おうと誓っていた」と目を赤くした。

 3走の渡邊からバトンを受け取ったのは2番手。それでも「自分の力を信じた」と最後の直線を全力で駆け抜け、わずかに先着した。南関東王者として臨む全国の舞台へ「強敵がそろうが、優勝を目指して残り1カ月間頑張っていきたい」と意気込んだ。

 女子1500メートル 金沢・リンズィー 大会記録を切りたかったけど、順調に仕上がっている手応えがある。インターハイでもっと強い選手がいる中で走ったら、とんでもない記録が出せるんじゃないかな。

 女子400メートル障害 川和・徳原 反省しかない。インターハイでは優勝できるようしっかりと練習を積みたい。

 男子100メートル 桐蔭学園・宇野 自己ベストが出て驚き。昨年決勝に残れなかった雪辱の思いがあったし、リレーの悔しさもぶつけた。

 女子100メートル 橘・前川 右足を痛めていて、おとといまで3日間走れなかった。(来週の)日本選手権で入賞して、自己ベストを出したい。

 女子棒高跳び 橘・遠田 (今大会から正式競技となる全国総体へ)もう少し高く跳びたかった。私個人としても今までで一番大きな大会になるし、初代なので頑張りたい。

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング