1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎:チーム救う記念弾、ジュニーニョ通算100得点は歴代2位のスピード達成/F東京戦から

川崎:チーム救う記念弾、ジュニーニョ通算100得点は歴代2位のスピード達成/F東京戦から

スポーツ | 神奈川新聞 | 2010年11月21日(日) 00:30

引き分けでも来季のACL出場が絶望的となるクラブの危機に、自らの記念ゴールをささげた。「みんなが待っていてくれたし、本当に幸せに思う」とジュニーニョ。史上8人目の通算100得点達成の瞬間は、同点の後半39分に訪れた。

脇目も振らず、水色で埋まる観客席へ。両手にはなぜか、サポーターから贈られたという横断幕を握り締めている。「決める自信があったから、隠しておいたんだ」。後半開始前、あらかじめ相手ゴール脇に小さく折り畳んで忍ばせておく、粋な演出だった。

3日前の天皇杯で古傷の左ふくらはぎ痛が悪化。それでも「今季はずっと痛みが抜けないと言われていたし、痛み以上に自分の気持ちが高ぶっていた」。今季の無冠が確定しても、33歳のベテランが気持ちを切らすことはなかった。

ブラジル時代のチャンスメーカーは来日8年、川崎で点取り屋へ。100あるゴールシーンの中でも1得点目を忘れない。「すべては、あの時から始まった」。2005年3月の柏戦、終了間際に追い付いてJ1復帰後初の勝ち点1。強豪の看板が揺らぐいま、あらためてその原点に思いをはせる。

172試合での達成は元日本代表FW三浦知良(176試合)らを抜いて、歴代2位のスピード記録でもある。「(2人の)子どもからは『1千得点まで決めるんでしょ』と言われるけど、ちょっと難しいかな。自分はペレじゃないんだから」。そんな陽気なストライカーに、いつも川崎は救われてきた。

【】

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング