1. ホーム
  2. スポーツ
  3. フェンシング女子団体で松陽3連覇 県高校総体

フェンシング女子団体で松陽3連覇 県高校総体

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年6月13日(火) 02:00

【県高校総体 フェンシング女子団体】決勝で相手を攻める松陽・榎本(左)=県立体育センター
【県高校総体 フェンシング女子団体】決勝で相手を攻める松陽・榎本(左)=県立体育センター

 第55回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会(県高体連など主催、神奈川新聞社など後援)は10、11日、フェンシング、ソフトテニス、バドミントンなどで熱戦を展開した。

 フェンシング団体戦は男子が法政二、女子は松陽が優勝。個人戦のエペは男子が中島恒(慶応)、女子は市川万里子(湘南)、サーブルは男子が牧田卓朗(法政二)、女子は土井下涼子(同)が制した。

 ソフトテニス団体戦は男子が横浜創英、女子は相洋が優勝を果たした。バドミントンは男女シングルスが行われ、男子は安部颯人(川崎総合科学)、女子は溝口なつめ(法政二)が頂点に立った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング