1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バンタム級松本、全国Vへ 高校総体・ボクシング展望

ライトウエルター級 新星田中(相武)有力
バンタム級松本、全国Vへ 高校総体・ボクシング展望

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年6月10日(土) 02:00

 最注目はバンタム級の松本(みなと総合)だ。1年時から2年連続で全国総体(インターハイ)準優勝の逸材はフライ級から転向。今月の関東大会では昨夏のインターハイ決勝で敗れた堤(千葉・習志野)に初戦で屈したが、悲願の頂点へ雪辱の思いを強める。

 ライトウエルター級にも新星が現れた。力強さが魅力の1年生田中(武相)。強打とスピードがあり、関東大会も危なげなく制している。

 ライトフライ級は関東大会準優勝の森(茅ケ崎北陵)と亀田(武相)がしのぎを削る。スピードを武器に接近戦に持ち込む森とリーチを生かして懐に入らせない亀田。いかに自らの得意な闘いに持ち込むか。2人を武相の高橋が追い掛ける。

 ライト級は混戦模様だ。関東大会県予選では松木(鎌倉学園)が判定勝ちを収めたが、倉地(浅野)も差はなく、村山、堀田ら武相勢も強敵だ。フライ級は久野裕(武相)とピン級から階級を上げた蟹澤(武相)の争いとなりそうだ。

 関東大会でインターハイ出場権を獲得しているピン級の藤田(武相)、ウエルター級の藤村(武相)は実力十分だ。


▽参加 10校36人

▽日程 10、11、17、18日(武相高)


 各階級の優勝者が8月4~10日に福島県会津若松市のあいづ総合体育館で行われる全国大会に出場。ピン級、ウエルター級は関東大会で出場権を獲得している。

ボクシングに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング