1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎:FWジュニーニョ、好相性の名古屋戦で完全復活へ

川崎:FWジュニーニョ、好相性の名古屋戦で完全復活へ

スポーツ | 神奈川新聞 | 2010年8月17日(火) 00:05

Jリーグ1部(J1)の川崎は、18日のリーグ第19節で首位・名古屋との直接対決に臨む。7月のリーグ戦再開後に戦列復帰したブラジル人FWジュニーニョにとって、名古屋戦は完全復活の指標となるカード。過去に出場した9試合で10得点と好相性を誇ってきたからだ。

シュート5本を放ちながら、無得点に終わった15日の広島戦。後半20分、中村のスルーパスに抜け出す感覚は相変わらずだが、肝心の1対1を逸した。それも、まだ先発復帰3戦目。「百パーセントじゃないけど、つかみ始めてはいる」と上向く調子を実感する。

2003年の加入以来、7年連続で2けた得点を記録した点取り屋も、今季は開幕前の故障が長引いて2得点止まり。ただし、名古屋戦では試合数を上回る得点を挙げてきた実績がある。

「グラウンドに入れば、どこが相手でも同じ」と、相性の良しあしには無関心だが、長身選手ぞろいの相手守備陣はラインを低く敷きがち。一度下がってボールを受けると前を向きやすく、ドリブルで加速するスペースがあることも好結果につなげてきた。

J1通算89得点は外国人歴代4位。J2時代の65得点を加えると、中山雅史(札幌)の持つリーグ最多記録(157得点)まであと「3」となる計算だ。ただ、両リーグで得点王に輝いたストライカーはもはや、個人記録に関心を示さない。「いつまでも順位表の一番上を見詰めていたって届かない。たどり着くべき場所だし、気持ちは決勝戦と変わらない」と、その目はしっかりと頂点をとらえている。

【】

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング