1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 横浜M:俊輔が全快宣言「前みたいに蹴れる」

横浜M:俊輔が全快宣言「前みたいに蹴れる」

スポーツ | 神奈川新聞 | 2010年5月5日(水) 00:03

シュート練習でFKを放つ横浜M・中村俊=横浜市西区のマリノスタウン
シュート練習でFKを放つ横浜M・中村俊=横浜市西区のマリノスタウン

Jリーグ1部(J1)横浜Mの日本代表MF中村俊輔は4日、横浜市西区のマリノスタウンで5日のアウェー新潟戦に向けて約2時間、最終調整を行った。

4月上旬から悩まされ続けてきた左足首痛、左足甲の打撲から、ようやく解放。スパイクに挿入していた厚さ約1センチのゼリー状のパッドを外し、この日は薄いテーピングだけで臨んだ。中村は「(FKの)ボールも鋭く落ちた。前みたいに蹴れると思う」と満面の笑みを浮かべ、全快宣言した。

黄金の左足が、輝きを取り戻した。

この日、居残りのシュート練習で放った直接FKは23本。ファーサイドに、ニアサイドに、面白いようにネットに突き刺さった。無回転で放った7本を除くと、16本中6本が成功した。

中村は「痛みはもうない。(パッドが入ってないと)感触が全然違う。気分が違うね」。にっこりと笑い、充実感を口にした。

CKも抜群だった。木村監督の要求に応え、ストレート系の鋭く落ちるボールや伸びるボールを変幻自在に配球。スピードコントロールも絶妙だった。指揮官は「スピードを落としてもビッグチャンスになるけど、バレーボールでいうBクイック。スピードがあれば、DFも守りづらいでしょ」とニヤリ。多彩な球種と、高い精度を誇る中村の左足に、全幅の信頼を寄せた。

中村本人も「どれだけゴール前を固めても、上はフリーだから。ピンポイントも、ゾーンに走り込んでというボールも、状況に応じて蹴れる」。言葉にも頼もしさが増してきた。

10日のワールドカップメンバー発表まで、いよいよ残り2試合。日本の司令塔は、リーグ戦でラストスパートを見せるつもりだ。

【】

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング