1. ホーム
  2. スポーツ
  3. コラム「コーナーキック」/下を向く必要ない

コラム「コーナーキック」/下を向く必要ない

スポーツ | 神奈川新聞 | 2009年9月28日(月) 20:12

【C大阪-湘南】後半、競り合う湘南・村松(右)とC大阪・カイオ=長居
【C大阪-湘南】後半、競り合う湘南・村松(右)とC大阪・カイオ=長居

先発に田原、アジエルが不在。後半早々には2枚目の警告で田村も失った。そんな状況下で、やれることをやった上での1-2。「下を向く必要はない」(MF坂本)。たとえ首位との勝ち点差が6に開いたとしても、だ。

前半を終えてシュート数は0-8。一方的に攻め込まれているようでいて、最後の一線は割らせなかった。「相手はうまいから、簡単に飛び込んでいくとワンツーでかわされてしまう」(DF村松)。じっくり構えて守るのはプラン通り。単調なパス回しからのミドルシュートが「怖くなかった」というのも、決して虚勢ではない。

ただ、いかんせん前線のボールの収まりどころがなくては、リスクを冒して攻撃に転じる時間がつくれない。FW登録の阿部でさえ、出場時間69分のほぼすべてを自陣でのプレーに費やした。

だからこそ、1人少なくなってからの2失点より、「開き直って」(反町監督)攻勢に出た後半24分以降に価値を見いだしたい。前線で強力な盾になれる田原が登場すると、その存在は復帰間もないコンディションでも戦況を一変させた。

C大阪、仙台との直接対決を終え、もう自力で勝っていくしかない状況。だが、もうひと波乱起こせるだけの余力が、湘南にはまだ残されている。

【】

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング