1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎:大久保、得点王に前進/清水戦から

川崎:大久保、得点王に前進/清水戦から

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年11月12日(火) 00:04

初の得点王へラストスパートだ。川崎のFW大久保が今季7度目となる1試合2得点。これで24ゴールとなり、追走する2位川又(新潟)に3ゴール差に広げた。

ストライカーは燃えていた。キックオフ前、すでに川又が1得点した情報を耳にした。「絶対に引き離す」。強い覚悟でピッチへ向かった。

開始早々から味方の逸機に両手を挙げ、パスを求めるシーンも。切り替えが速いスリリングな展開で、ゴール前には必ず背番号13が待っていた。

後半19分に右クロスを頭で合わせ、今季初のヘディングシュートで先制すると、同43分には自身で獲得したPKを難なく決めた。2試合ぶりの得点に「ほっとしたよ。貪欲にハットトリックを狙ったけど」と最後まで勇ましかった。

4日、長崎・国見高の先輩・三浦淳宏さんの引退試合に参加。横浜FCの三浦らに「苦労したやつが取るもの」「若い者の壁になれ」などと激励され、「刺激をもらった」という。

残り3節。初めての重圧を感じながらも、どこか楽しめているという。「(得点王争いを)毎年できるとは限らない。これが最後のチャンスだと思っている」

【】

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング