1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎:「この一戦に懸ける」ナビスコ杯3度目決勝へ憲剛

川崎:「この一戦に懸ける」ナビスコ杯3度目決勝へ憲剛

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年10月12日(土) 00:33

決勝進出の鍵を握る一人、川崎・MF中村=9月7日のナビスコ杯、浦和戦から
決勝進出の鍵を握る一人、川崎・MF中村=9月7日のナビスコ杯、浦和戦から

FKの感触をいつも以上に確かめた。浦和戦を前日に控えた11日の全体練習後。中村の右足から放たれたシュートは、ダミー人形の壁を越えてゴールネットに次々と吸い込まれた。

「リーグ戦とは違う独特な空気が流れると思う。この一戦に懸けたい」。9月28日の名古屋戦を欠場した要因の腰痛もすっかり癒え、大事な一戦に集中している。

前回の浦和戦は2点差からの逆転勝利。引き分け以上で4年ぶりの決勝進出が決まる有利な立場だが、「関係あるようで案外ないかな。引き分けで良いという器用なチームではないから」と笑った。リーグナンバーワンの攻撃の中心にいる司令塔は、あくまでも勝利にこだわる。

24人。ベスト4に残った4チームで、ナビスコ杯に出場した選手は最多だ。予選リーグでは勝ち点1差で何とか突破し、ここまできた。

「チーム全員で戦った結果。みんなの思いをつなげられるような成績を残したい」。メンバー外の仲間も自主的に応援に駆け付ける予定で、チームの雰囲気も一つになっている。

2010年の準決勝第2戦は、日本代表の遠征中。敗退の知らせは韓国の地で聞いた。自身3度目の決勝に向けた思いは誰よりも熱いはず。川崎一筋11年目の32歳は初戴冠への強い気持ちをピッチで表現する。

【】

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング