1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 11日からビーチバレー川崎市杯、選手参加でプレイベント/神奈川

11日からビーチバレー川崎市杯、選手参加でプレイベント/神奈川

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年10月9日(水) 00:39

来場者に向かってスパイクを打ち、プレーを実演する畑選手(右)と浦田選手=川崎区の川崎地下街アゼリア
来場者に向かってスパイクを打ち、プレーを実演する畑選手(右)と浦田選手=川崎区の川崎地下街アゼリア

トップ選手が集う「ビーチバレー川崎市杯」の開催を記念したプレイベントが7日夜、JR川崎駅東口の川崎地下街アゼリアで開かれた。市内在住の畑信也、浦田聖子の2選手が参加し、トークショーやプレーの実演などでファンとの交流を楽しんだ。

同市杯は2008年、東扇島東公園の人工海浜で開催されたのが始まり。09年にはオープンした川崎マリエンビーチバレー場に舞台を移して行われ、10年から日本ビーチバレー連盟(JBV)のツアー大会にも位置付けられている。

ツアー移行後4回目となることしの大会は、11日に男女各5チームが参加する予選を実施。勝ち上がった各2チームとシードされた各4チームの計各6チームが12、13日の本戦に臨む。

畑選手は「砂の上なのでアクロバティックな動きもあり、それがビーチバレーの魅力」とPR。浦田選手は「ホームコートで優勝を目指したい。20年の東京五輪に向けて、この川崎から世界に羽ばたく選手が出てくれれば」と話していた。

観戦は11日のみ無料。12、13日の当日券はS席4千円、A席2500円、立ち見500円。

【】

こちらもおすすめ

東京五輪に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

スポーツに関するランキング

    アクセスランキング