1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全国高校総体:フェンシングで日女大付・浅野が初V

全国高校総体:フェンシングで日女大付・浅野が初V

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年8月6日(火) 00:21

全国高校総体(インターハイ)第9日は5日、福岡県などで行われた。県勢はフェンシングの女子フルーレで2年生の浅野早紀(日女大付)が初優勝し、男子フルーレで中村豪(法政二)が3位入賞した。

◆海外経験いかし圧勝

「まさか、優勝できるとは思わなかった」。フェンシング女子のフルーレ決勝。女王の座をつかんだ日女大付の浅野は勝利の瞬間、観客が驚くほど大きな雄たけびを上げた。

積極的に攻める相手に苦戦し5-6。劣勢でも2年生は冷静だった。

「隙を狙っていこう」。前のめりの相手の出鼻を突いてポイントを重ね、終わってみれば15-9の圧勝。予選トーナメント3回戦で、昨年女王の伊藤(岐阜・大垣南)を下した勢いは本物だった。

浅野は「まさか」と繰り返したが、ふさわしい経歴を重ねてきた。高校1年でジュニア日本代表の強化指定を受け、週6日、1日3時間の練習に励んできた。2月にイタリアで開催された世界ジュニア・カデ選手権では3位入賞。「海外で戦えたからこそ、緊張もしなかった」と道のりを振り返った。

物心ついた時から剣が好きだった。小学校の休み時間は新聞紙を丸め、チャンバラごっこを楽しんだ。テレビでフェンシング競技を目にし、小学校6年の時クラブの門をたたいた。

折しも来年の南関東インターハイのフェンシング競技は神奈川で行われる。「もう一度勝ちます」。シンデレラストーリーは続いていく。

【】

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング