1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ダブルダッチ国際大会優勝、川崎の少女2人が市長表敬/神奈川

ダブルダッチ国際大会優勝、川崎の少女2人が市長表敬/神奈川

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年7月9日(火) 22:43

阿部市長に優勝報告を行った大湊さん(左)と山ノ内さん=川崎市役所
阿部市長に優勝報告を行った大湊さん(左)と山ノ内さん=川崎市役所

6月に米国で開かれた縄跳びのダブルダッチ国際大会で優勝した川崎市在住の少女2人が9日、同市の阿部孝夫市長を表敬訪問し、優勝を報告した。

訪問したのは、同市麻生区の市立柿生中1年、大湊涼花さん(13)と宮前区の市立稗原小5年、山ノ内楓さん(10)の2人。

2人は横浜市青葉区で活動する美しが丘ダブルダッチクラブの「ミラクルダッチ」に所属。他の2人のメンバーとともに、6月14日と15日に米・サウスカロライナ州で開かれた国際大会の6年生の部に出場した。「スピード競技」「フリースタイル」「規定」の3種目の合計点で競い、3人で行う「シングルス」と4人の「ダブルス」の両方で優勝を果たした。

この中で大湊さんは、「シングルスの予選は2位だったが、気持ちを切り替え、自分たちの力を信じて頑張りました」と報告。山ノ内さんも「緊張したけど優勝できてうれしかった」と笑顔で話した。阿部市長は試合の映像を見ながら、「よく頑張ったね。普段の実力を発揮できることはすごいこと。これからも頑張ってください」と快挙をたたえた。

【】

縄跳びに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング