1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県高校総体:競泳100Mバタで湘南工大付・細田が3連覇

県高校総体:競泳100Mバタで湘南工大付・細田が3連覇

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年6月23日(日) 23:27

第51回県高校総合体育大会兼全国高校総合体育大会(インターハイ)県予選会(県高校体育連盟など主催、神奈川新聞社など後援)は23日、競泳やバスケットボール、新体操、ウエートリフティングなどで熱戦を繰り広げた。

競泳の最終日は相模原市立総合水泳場で行われ、女子100メートルバタフライは細田梨乃(湘南工大付3年)が59秒71の大会新記録で制し、3連覇を果たした。同400メートル自由形は7~8月の世界選手権(スペイン・バルセロナ)代表の五十嵐千尋(日大藤沢3年)が4分15秒90の大会新記録で優勝。学校対抗は、4年連続で湘南工大付がアベック優勝した。最優秀選手は、男子が100メートルバタフライを制した高橋一貴(湘南工大付2年)、女子は細田と五十嵐がそれぞれ選ばれた。

新体操は女子団体総合で森村学園が4年ぶり5度目、男子団体総合は光明相模原が34年連続34度目の栄冠をつかんだ。女子個人総合は桑村美里(相模女子2年)、男子個人総合は山口聖士郎(光明相模原2年)が頂点に立った。

バスケットボールは、男子は桐光学園が2年連続3度目、女子は金沢総合が10年連続10度目の優勝。ウエートリフティングは、平塚湘風が、サッカーは渕野辺が初優勝を飾った。県高校総体は全日程を終えた。

【】

大会新記録に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング