1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 横浜M:輝き増すベテラン勢/鳥栖戦から

横浜M:輝き増すベテラン勢/鳥栖戦から

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年5月26日(日) 00:30

虎の子の1点を守り切り、中断前の一戦を白星で飾ると、主将の中村は両拳を突き上げた。けがなく公式戦全19試合に出場を果たし「乗り切れたのは大きい」と、34歳は実感を込めた。

中村だけではない。先発の平均年齢は30・7歳と高めだが、照りつける太陽にも、厳しい日程にも、ハードワークが売り物の鳥栖にも負けなかった。序盤に押されても「おっさん」(中村)たちは慌てない。39歳のドゥトラが、37歳のマルキーニョスが、足を止めずつぶした。

的確な読みもさえた。選手同士で話し合い、途中からロングボールの対応にMF富沢が加わった。「対処法ができていた」と中村。鳥栖のエース豊田に、最後まで仕事をさせなかった。

開幕からクラブ新記録の6連勝を樹立するなど上位をキープ。ナビスコ杯は2年ぶりに8強入りした。30歳を超えると「ベテラン」と呼ばれ、世代交代を進める風潮に一石を投じており、樋口監督は「ここまでの頑張りに感謝したい」と頭を下げるばかりだ。

年を重ねてなお輝きを増す選手たち。中断期間に若手が台頭し、補強で選手層に厚みを増せば、2004年以来のタイトル獲得も見えてくる。

【】

ナビスコ杯に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング