1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 関東高校県予選:フェンシング男子フルーレの竹田(法政二)「負けられないというプライドは持っている」

関東高校県予選:フェンシング男子フルーレの竹田(法政二)「負けられないというプライドは持っている」

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年4月30日(火) 00:13

【関東高校県予選 フェンシング男子フルーレ個人決勝】2連覇を決め、笑顔の竹田(法政二)=県立体育センター
【関東高校県予選 フェンシング男子フルーレ個人決勝】2連覇を決め、笑顔の竹田(法政二)=県立体育センター

フェンシング男子フルーレ個人は、竹田(法政二)がV2。競技歴11年の2年生は「小さい時からやっているので、ある程度負けられないというプライドは持っている」と、経験者の自負を漂わせた。

決勝は中盤まで点の取り合いだったが、5-6から4連続でポイントを奪った。「向こうのミス。いい試合ではなかった」と内容には不満そうだが、そのミスに付け込んだ抜け目のなさが、本人の言うキャリアの差だ。

「いつもはアタック、アタックと突っ込んでしまうが、きょうはゲームの間を、うまくつくれたかな、とも思う」。勝利の10ポイント目を突き刺すと、仲間とハイタッチで喜んだ。

都内にある名門、東京フェンシングスクールの出身。東京・成城学園中時代は2、3年時に全国大会で連続2位入賞の実績を持つ。

法政二高でも1年から団体メンバー入りし、ことし3月の全国高校選抜の3位にも大きく貢献。今後もチームを引っ張る活躍が期待されるエース候補だ。「全国でいい結果を残したい」と誓う竹田。その視線の先にあるのは、中学時代に逃し続けた悲願の日本一しかない。

【】

フェンシングに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング