1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 冬季国体、県選手団が結団式 26日から/神奈川

冬季国体、県選手団が結団式 26日から/神奈川

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年1月18日(金) 10:39

選手宣誓する村竹啓恒(左)と団旗を持つ杉浦祐哉=県立スポーツ会館
選手宣誓する村竹啓恒(左)と団旗を持つ杉浦祐哉=県立スポーツ会館

第68回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会(26日~2月1日・東京都渋谷区、福島県郡山市ほか)に出場する県選手団(高橋悟団長)の結団式が17日、横浜市神奈川区の県立スポーツ会館で開かれた。

神奈川からはスケート(スピード、ショートトラック、フィギュア)、アイスホッケーの2競技4種目に66人が出場。監督・役員らを含めて計99人の選手団で臨む。

式では、県体育協会の引地孝一副会長が「五輪を前にした意義のある大会で、入賞を目指してほしい」と激励。高橋団長は「神奈川代表の心意気を知らしめるよう最後まで戦う」と健闘を期した。

アイスホッケー少年男子の杉浦祐哉(武相高)に団旗が授与され、ショートトラック成年男子の村竹啓恒(神奈川大)は「日々鍛えた力と技を発揮し、夢と希望、感動を伝えるプレーをすることを誓う」と宣誓した。

【】

武相高校に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング