1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 桐光学園・松井裕樹投手が練習公開、最後の年へ意気込み/神奈川

桐光学園・松井裕樹投手が練習公開、最後の年へ意気込み/神奈川

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年1月11日(金) 00:15

 昨夏の全国高校野球選手権大会で1試合22奪三振の新記録をつくった桐光学園の松井裕樹投手が10日、報道陣に練習を公開した。ラストイヤーに懸ける松井は「目標はもちろん全国優勝。世界一の左腕になりたい」と意気込んだ。

 殺到した取材依頼に学校側が応え、実現した合同取材。1人椅子に腰掛けた松井を、20人以上の記者やカメラマンが取り囲んだ。

 人前で話すのが得意ではない松井だが「プレッシャーをはねのけないと一流になれない」。顔を紅潮させながら約30分、質問者が代わるたび正面に向き直って答えた。

 5度、6度と繰り返したのが「負けたくない」という言葉。その相手は「自分の学年だけでなく、誰にも」。頂点を前に敗れた昨夏の甲子園準々決勝、選抜出場が絶望となった昨秋県大会の敗戦が、生来の負けず嫌いに拍車を掛けたようだ。

 「最後は疲れがでた」「自分の暴投で追い付かれた」。悔しさを思い起こし「甲子園の決勝で完投しても力が余るくらいの体力をつけたい」「球数を抑えるため、低めへの制球力をつけたい」とレベルアップを誓った。

 今秋のプロ野球ドラフトの目玉候補に挙げられているが「進路はまだ分からない」とだけ話し、雪辱を期す真夏の舞台だけを見据えた。【】

全国高校野球選手権に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング