1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 流れるプールでOWS大会開催へ 7月8日に大磯、参加者を募集

流れるプールでOWS大会開催へ 7月8日に大磯、参加者を募集

スポーツ | 神奈川新聞 | 2012年5月24日(木) 13:31

流れるプールを使用して行われるオープンウオータースイミング(OWS)の大会、「OWS大磯大会2012」が7月8日、大磯ロングビーチ(1周500メートル)で開かれる。主催する全国OWS連盟は参加者を募集している。

同大会は通例、海や湖などを泳ぐOWSを世界で初めて流れるプールで行ったユニークなもので、今年で3回目。昨年は7歳から70歳までのエントリーがあり、初心者にも親しまれている。

今回は五輪種目の10キロ女子で第1回大会優勝の山口綾乃が出場するほか、リレーには競泳の元五輪選手の近内圭太郎さん、天野美沙さんやパラリンピック金メダリストの成田真由美さんらも出場の予定。会場の大磯ロングビーチの開業55周年記念として、大会の模様をtvkで後日、放映する。

実施種目は個人が10キロ、3000メートル、1500メートル、500メートルの4種目と250メートルを4人でつなぐリレー。さらに今回から親子リレー(500メートルを高校生以下の子どもと親または祖父母のペアでリレー)が新設された。

参加費は10キロ一般の1万4千円が最高。リレーと親子リレーは1チーム6千円。

申し込みは同連盟のホームページ(http://n-ows.jp/)から。

問い合わせは、電話03(5751)4078=平日午前9時~午後5時。

【】

世界初に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング