1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. 川崎ブレイブサンダース
  5. 線と色で多様性を表現 B1川崎、新ユニホームを発表

線と色で多様性を表現 B1川崎、新ユニホームを発表

川崎ブレイブサンダース | 神奈川新聞 | 2021年8月11日(水) 06:00

ホーム用の新ユニホームを着用する篠山(左)と、新素材を採用したシューティングシャツ姿の前田=川崎市内

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)川崎は10日、川崎市内で新シーズンのユニホームと試合前に着用するシューティングシャツを発表した。

 会見に同席した篠山は「東京五輪でスポーツが盛り上がるきっかけとなった。バスケの価値をより高め、未来をつくれるようにハードワークしたい」と誓った。

 新ユニホームは人種や性別、価値観の多様性を表現するため、胸や両サイドの切り替えに太さの異なる線と多数の色を重ねた。

 またシューティングシャツは、クラブが力を注いでいるSDGsプロジェクト『&ONE(アンドワン)』の一環で、ペットボトル由来のリサイクルポリエステル糸を約14%使用したエコ素材で製作した。

 ユニホームを提供するアシックスにとって、リサイクル素材の採用は国内初めてという。元沢伸夫社長は「ウエアはもちろん、スポーツでSDGsを開拓し、より多くの人を巻き込んでいきたい」と話した。(小林 剛)

川崎ブレイブサンダース(Bリーグ)に関するその他のニュース

川崎ブレイブサンダースに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

バスケットボールに関するその他のニュース

アクセスランキング