B1川崎 連日の激闘で千葉下す

川崎ブレイブサンダース | 神奈川新聞 | 2021年4月19日(月) 00:25

川崎80ー73千葉

【川崎―千葉】両チームトップの24得点を挙げ、上位対決での連勝に導いた川崎・アギラール=川崎市とどろきアリーナ

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は18日、川崎市とどろきアリーナなどで6試合が行われ、東地区の上位対決で川崎は千葉に80─73で勝って38勝16敗とした。34勝14敗となった千葉の黒星で試合のなかった宇都宮の東地区優勝が決まった。

 SR渋谷は横浜に85─71で勝ち36勝19敗、A東京は北海道に71─70で競り勝ち30勝19敗とした。

 西地区は名古屋Dが滋賀に92─72で快勝し、30勝23敗とした。

ラスト5試合、難敵続く

 中央に切れ込んだ辻から外で待つヒースを経由し、フリーとなったアギラールにパスが渡った。

 残り1分51秒、ゴールほぼ正面から迷いはない。5点差に広げる3点シュートが鮮やかに吸い込まれ、ベンチも総立ちとなった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

バスケットボールに関するその他のニュース

川崎ブレイブサンダースに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

バスケットボールに関するその他のニュース

アクセスランキング