CS目指し新体制 男子バスケ

横浜ビー・コルセアーズ | 神奈川新聞 | 2017年6月27日(火) 14:02

新加入の田渡(左から2人目)と佐藤(右から4人目)ら横浜の選手たち=横浜市中区
新加入の田渡(左から2人目)と佐藤(右から4人目)ら横浜の選手たち=横浜市中区

新加入の田渡(左から2人目)と佐藤(右から4人目)ら横浜の選手たち=横浜市中区
新加入の田渡(左から2人目)と佐藤(右から4人目)ら横浜の選手たち=横浜市中区

 バスケットボール男子Bリーグ1部の横浜は26日、2年目となる2017~18シーズンの選手発表会見を横浜市内で開いた。4月から横浜でコーチを務めた古田悟氏(45)が新監督に就任し、「チャンピオンシップ(CS)に進出したい」と意気込んだ。

 リーグ初年度は、中地区最下位で終え、残留プレーオフを経て辛くも1部残留した横浜。新加入2選手が紹介され、米ドミニカン大でプレーし、U-24(24歳以下)日本代表候補にも名を連ねるポイントガード、田渡凌(23)は「アメリカで学んだことを発揮してチームを優勝に導きたい」と意気込みを語った。京都から移籍したフォワードの佐藤託矢(33)は「一刻も早くチームにアジャストして貢献したい」と闘志を燃やした。

 元日本代表のシューター川村や、208センチのウォッシュバーンら9選手がチームに残り、シューティングガードの湊谷が新主将に就くことも発表された。

川崎は名古屋DとBリーグ2季目開幕戦

横浜、滋賀迎え撃つ
 バスケットボール男子のBリーグは26日、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜ビー・コルセアーズ(Bリーグ)に関するその他のニュース

横浜ビー・コルセアーズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

バスケットボールに関するその他のニュース

アクセスランキング