1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. プレーオフ決勝 富士通、14季ぶりVならず

バスケットボールWリーグ
プレーオフ決勝 富士通、14季ぶりVならず

バスケットボール | 神奈川新聞 | 2022年4月17日(日) 23:39

 バスケットボール女子Wリーグのプレーオフは17日、東京・国立代々木競技場で2戦先勝方式の決勝第2戦が行われ、レギュラーシーズン2位のトヨタ自動車が同5位の富士通を87─71で下して2連勝とし、2季連続2度目の優勝を果たした。

 トヨタ自動車はシラや馬瓜スらのリバウンドからリズムをつくって得点を重ね、前半を43─29とリードして折り返し。後半も守備の強度を落とさずに押し切った。富士通は14季ぶりの優勝はならなかった。

 プレーオフのMVPにはトヨタ自動車の山本が選出された。

メンタル面のダメージ重く

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

バスケットボールに関するその他のニュース

バスケットボールに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング