1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. プラス思考貫き五輪切符 3人制バスケ女子・篠崎澪

TOKYO 2020
プラス思考貫き五輪切符 3人制バスケ女子・篠崎澪

バスケットボール | 神奈川新聞 | 2021年6月3日(木) 10:30

3位決定戦のスペイン戦でパスを狙う日本女子の篠崎(右)

 東京五輪の新種目、3人制バスケットボールで出場権を獲得した日本女子代表チームが2日、帰国後のオンライン取材に応じた。金沢総合高出身の篠崎澪(富士通)は「いまはすごくほっとしている。プレッシャーはあったが、うまく緊張感に変えてチケットを取れた」と喜びをかみしめた。

 5月30日までオーストリアで開催された五輪予選会で、日本はリーグ4戦全勝で決勝トーナメントに進むも、準決勝で強豪フランスに惜敗。3位決定戦でスペインに20-18で競り勝ち、本大会切符をつかみ取った。

 五輪のバスケットボール競技では3人制女子のみが開催国枠での出場権を得ておらず、予選会に出場して自力で奪う立場に置かれていた。篠崎は「(開催国枠が与えられず)最初は残念な気持ちだったけど、『私たちが取りにいくぞ』というプラス思考で準備してきた」と振り返る。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

バスケットボールに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング