1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. 3人制女子バスケ 篠崎、日本代表候補合宿で存在感

TOKYO 2020
3人制女子バスケ 篠崎、日本代表候補合宿で存在感

バスケットボール | 神奈川新聞 | 2020年11月11日(水) 16:00

心新たに再スタート

来年5月の五輪予選へ再スタートを切った篠崎(左から3人目)=©JBA

 東京都の味の素ナショナルトレーニングセンターで5日から、東京五輪新種目バスケットボール3人制の女子日本代表候補が強化合宿を行っている。金沢総合高出身の篠崎澪(富士通)も参加。チーム最年長の29歳は、来年5月の五輪予選(オーストリア)に向けて汗を流している。

 3人制女子は自国開催枠を保持しておらず、本大会出場権を自力で勝ち取らなければならない。五輪予選は本来3月にインドで予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で来年5月に延期。当面の目標は予選突破だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

バスケットボールに関するその他のニュース

バスケットボールに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング