1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 大学野球
  5. 慶大、15年ぶり決勝 東海大は準決勝で涙

明治神宮野球大会
慶大、15年ぶり決勝 東海大は準決勝で涙

大学野球 | 神奈川新聞 | 2019年11月20日(水) 05:00

 明治神宮野球大会第5日は19日、神宮球場で大学の部の準決勝が行われ、慶大(東京六大学)と関大(関西1)が20日の決勝に進んだ。慶大は19年ぶり4度目、関大は47年ぶり2度目の優勝が懸かる。

 慶大は中村健の先頭打者本塁打などで優位に進め、城西国際大(関東1)を6-1で下した。関大は延長十回タイブレークの末、東海大(関東2)を8-7で振り切った。

慶応高出身3年生コンビ
投打で勝利導く活躍


【慶応大-城西国際大】5回を1失点の力投を見せた慶応先発・木沢=神宮
【慶応大-城西国際大】5回を1失点の力投を見せた慶応先発・木沢=神宮

【慶応大-城西国際大】2回慶応2死二塁。瀬戸西が右越え適時二塁打を放ち2点目を挙げる=神宮
【慶応大-城西国際大】2回慶応2死二塁。瀬戸西が右越え適時二塁打を放ち2点目を挙げる=神宮

 慶応高出身の3年生コンビが、慶大の15年ぶりの決勝を手繰り寄せた。初出場の相手の出ばなをくじくように、いきなり重圧をかけたのは右腕・木沢だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大学野球に関するその他のニュース

大学野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング