1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 大学野球
  5. 神大と桐蔭横浜大が7勝目、ともに首位維持

神奈川大学野球 秋季リーグ
神大と桐蔭横浜大が7勝目、ともに首位維持

大学野球 | 神奈川新聞 | 2021年10月17日(日) 05:00

【神奈川大―神奈川工大】6回から救援し、4回1失点にまとめた神奈川大の前田=神奈川工大KAITスタジアム

 神奈川大学野球秋季リーグは16日、神奈川工大KAITスタジアムで1回戦2試合が行われ、桐蔭横浜大と神奈川大が勝利を収めた。両校は7勝2敗で首位をキープした。

 桐蔭大は延長十一回タイブレークの末、13─6で関東学院大を下した。巨人の育成ドラフト6位指名の主戦菊地大稀(4年)は1人で投げ切った。神大は3─1で神奈川工大を下した。神野竜速(3年)、前田秀紀(4年)のリレーで最少失点に封じた。

 最終週第2日は17日、同スタジアムで工大─神大、関東大─桐蔭大の2回戦2試合を行う。桐蔭大と神大のいずれかが連勝すれば優勝が決まる。両校とも敗れた場合は横浜商大を含む3校が勝率で並び、優勝決定戦が実施される。

神大・エースの貫禄 前田、冷静な好救援

 3─1の九回2死一、二塁。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大学野球に関するその他のニュース

大学野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング