1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 大学野球
  5. 神大、桐蔭横浜大に快勝 関東学院大にも優勝可能性

神奈川大学野球 春季リーグ
神大、桐蔭横浜大に快勝 関東学院大にも優勝可能性

大学野球 | 神奈川新聞 | 2021年5月16日(日) 05:00

 神奈川大学野球春季リーグは15日、神奈川工大KAITスタジアムで桐蔭横浜大-神奈川大、神奈川工大-鶴見大、関東学院大-横浜商大の1回戦3試合が行われ、神大と関東大が勝利した。桐蔭大、神大、関東大が8勝3敗で並び、3校に優勝の可能性が残された。

 神大は神野竜速(3年)ら3投手の継投で桐蔭大を零封し、7-0で快勝。関東大は仁藤圭悟(4年)の本塁打などで商大に3-1で逆転勝ちした。工大は鶴見大に19-3で大勝した。

 最終週第2日は16日、関東学院大ギオンパークで鶴見大-工大、商大-関東大、神大-桐蔭大の2回戦3試合が行われる。関東大は勝てば、神大-桐蔭大の勝者との優勝決定のプレーオフに持ち込める。関東大が敗れれば、神大-桐蔭大の勝者が優勝となる。

Vへ夢つなぐ逆転勝利

 負ければ優勝の可能性がなくなる一戦で、神奈川大が秋春連覇を狙う王者を圧倒した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大学野球に関するその他のニュース

大学野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング