1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 大学野球
  5. 関東学院大がサヨナラ勝ち、首位と並ぶ 第6週第1日

神奈川大学野球 春季リーグ
関東学院大がサヨナラ勝ち、首位と並ぶ 第6週第1日

大学野球 | 神奈川新聞 | 2021年5月9日(日) 05:00

【桐蔭横浜大―関東学院大】延長十回無死満塁、右中間にサヨナラ打を放った関東学院大の松井=神奈川工大KAITスタジアム

 神奈川大学野球春季リーグは8日、神奈川工大KAITスタジアムで神奈川工大─松蔭大、桐蔭横浜大─関東学院大、神奈川大─横浜商大の1回戦が行われた。2位関東大は首位桐蔭大に10─9でサヨナラ勝ちし、通算7勝2敗で並んだ。神大、工大も勝ち星を挙げた。

 関東大はタイブレークの延長十回、松井惇(4年)の右中間適時打で試合を決めた。神大は右腕神野竜速(3年)が7回2安打11奪三振と好投。工大の右腕古堀廉大(3年)は被安打4で今季2度目の完封勝利を飾った。

 第6週第2日は9日、俣野公園・横浜薬大スタジアムで関東大─桐蔭大、商大─神大、松蔭大─工大の2回戦3試合が行われる。

かつての首位打者、瀬戸際で輝き

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大学野球に関するその他のニュース

大学野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング