1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 大学野球
  5. 桐蔭大が単独首位 神奈川大学野球秋季リーグ第4週

桐蔭大が単独首位 神奈川大学野球秋季リーグ第4週

大学野球 | 神奈川新聞 | 2020年10月5日(月) 10:00

同点の9回にサヨナラのソロ本塁打を放ち、ホームインした桐蔭横浜大の渡部=サーティーフォー相模原球場

 神奈川大学野球秋季リーグは4日、サーティーフォー相模原球場で2回戦3試合が行われ、桐蔭横浜大が6─5で神奈川工大にサヨナラ勝ちし、通算成績を6勝1敗として単独首位に立った。優勝争いは桐蔭大と2位神奈川大(5勝2敗)の2校に絞られた。

 桐蔭大は同点の九回、渡部健人(4年)がサヨナラ本塁打を放った。神大は0─4で関東学院大に敗れ、横浜商大は鶴見大に逆転勝ちした。

 第5週第1日は10日、関東学院大ギオンパークで関東大─商大、桐蔭大─神大、工大─鶴見大の1回戦3試合が行われる。桐蔭大が神大に連勝すれば、2季ぶり12度目の優勝が決まる。

主砲渡部がサヨナラ本塁打

 桐蔭横浜大の主砲渡部が九回に「人生初」となるサヨナラのソロ本塁打。表の守りで自ら失策を喫して同点とされ、「絶対に負けられない戦い。ここで決めるつもりだった」と真ん中の直球を左中間方向へ運んだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大学野球に関するその他のニュース

大学野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング