1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 社会人野球
  5. ENEOS、16点大勝 前回準Vの東芝は1次リーグ敗退

社会人野球東京大会
ENEOS、16点大勝 前回準Vの東芝は1次リーグ敗退

社会人野球 | 神奈川新聞 | 2021年3月11日(木) 12:11

3安打4打点の活躍でチームをけん引したENEOSの主将・川口=岩槻川通公園野球場

 社会人野球の第75回東京大会は10日、埼玉・岩槻川通公園野球場などで1次リーグを行い、D組のENEOSはカナフレックスに16─1で七回コールド勝ちを収めて1勝1敗とした。C組の東芝は明治安田生命に9─12で屈し、2連敗で1次リーグ敗退が決まった。

 第3日は11日、1次リーグ最終戦を実施。準決勝進出が懸かるENEOSは東京・大田スタジアムで日本製鉄鹿島と対戦、東芝は同スタジアムで日本新薬と戦う。

ENEOS主将・川口「全ては都市対抗のために」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

社会人野球に関するその他のニュース

社会人野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング