1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 横浜隼人・浅見、思いぶつけた2ラン 高校野球神奈川大会第15日

横浜16-3横浜隼人
横浜隼人・浅見、思いぶつけた2ラン 高校野球神奈川大会第15日

高校野球 | 神奈川新聞 | 2016年7月29日(金) 10:04

【横浜隼人-横浜】2回裏横浜隼人2死一塁。浅見が右翼に2ランを放つ。投手藤平、捕手徳田、球審西村 
【横浜隼人-横浜】2回裏横浜隼人2死一塁。浅見が右翼に2ランを放つ。投手藤平、捕手徳田、球審西村 

 スコアボードに刻まれた得点は、横浜隼人の1年の積み重ねだった。

 一回、先頭打者の浅見の死球を皮切りに無死満塁とし、小泉の犠飛で先制。横浜の今大会連続無失点を27回で止めると、1-4と逆転された直後の二回2死一塁だ。

 「自分たちは逆転の隼人。ここから逆転するぞと声掛けをしていた。長打で流れを変えるつもりだった」と打席の浅見。初球の内角低め142キロの直球を振り抜き、右翼席への2ランとした。

 昨夏も準々決勝で横浜と対戦。4-1からひっくり返された。この日と同じく1番で出場した浅見は2安打1得点と活躍するも、抑えの藤平には1打数無安打。「昨年は速球に押された。今度こそリベンジしたかった」との思いをぶつけた1年間、そして一発だった。

 一回の絶好機で1点にとどまり、総力戦を見越して送り出した投手陣が16失点。「一回無死満塁が勝負のあや。もう少し点を取れていれば」。水谷哲也監督(51)は悔やみながらも「ワンパンチくらいは与えられたかな」と、浅見の一打にチームの歩みを見て目頭を熱くする。

 速球に振り負けないため、打撃マシンを170キロに設定して打ち込み、総スイング数は1日千超。「速い球を打つことを1年間意識してやってきたので昨年よりも速いと感じなかった。1年の成長かなと思う」。浅見は最後の夏をそう結んだ。

横浜隼人高校に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング