1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 2015全国高校野球:東海堂々の行進

2015全国高校野球:東海堂々の行進

高校野球 | 神奈川新聞 | 2015年8月7日(金) 03:00

一斉行進する東海大相模ナイン=甲子
一斉行進する東海大相模ナイン=甲子

 創設100年を迎えた第97回全国高校野球選手権大会が6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。約4万5千人の観衆が見守る中、全49代表校が参加して開会式が行われ、15日間の熱戦がスタートした。

 代表校が北から南の順に行進し、2年連続10度目の出場となる神奈川代表の東海大相模は16番目に登場。優勝候補らしく、堂々とした歩みを披露した。

 東海大相模は大会第7日の12日、第1試合(午前8時開始)で聖光学院(福島)と対戦する。 


 神奈川代表の東海大相模は開会式で49代表中16番目に入場。神奈川大会の優勝旗を掲げた主将の長倉蓮(3年)が先頭で力強く先導し、磯網栄登(同)ら5選手の元気あふれる掛け声に合わせ、後続の選手たちも堂々とした行進を見せた。

 長倉は「神奈川の代表、このチームの主将として記念すべき大会で先頭を切って行進できたことを誇りに思う」と胸を張った。優勝候補として注目される大会になっているが、「開会式が終われば一区切りが付く。ここからさらに練習に入れ込んでいける」と、12日の初戦(対聖光学院)に向けて意気込んだ。

 門馬敬治監督(45)はバックネット裏からナインを見守り、「毎年ここに来られる保証がない中で、昨年に続いてこうしてまた来ることができた」と感慨深げにうなずいた。

 東海ナインは6日午後、大阪市内のトレーニングジムで約1時間半、ウエートトレーニングに励んだ。その後は大阪府四条畷市で練習を行ったが、雷雨のため約30分で切り上げた。7日は枚方市内で調整する。


堂々と入場行進する東海大相模ナイン=兵庫県西宮市、甲子園球場
堂々と入場行進する東海大相模ナイン=兵庫県西宮市、甲子園球場

東海大相模に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング