1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 県相模原、最後まで健闘 エース宮崎好投

県相模原、最後まで健闘 エース宮崎好投

高校野球 | 神奈川新聞 | 2015年5月4日(月) 03:00

2回途中から救援した県相模原のエース宮崎(左)
2回途中から救援した県相模原のエース宮崎(左)

 高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)最終日は3日、サーティーフォー保土ケ谷球場で決勝を行い、東海大相模が8-4で県相模原を破り、7年ぶり9度目の優勝を飾った。

 東海大相模は1点を追う一回に杉崎成輝(3年)、豊田寛(3年)の連続適時二塁打など5連打で3点を奪って逆転すると、二回にも杉崎、豊田の長打などで4点を追加した。七回途中まで投げた北村朋哉(2年)が4点を失ったが、救援したエース小笠原慎之介(3年)が相手の反撃を断ち切った。

 初の決勝を戦った県相模原は、二回途中から3番手で登板したエース宮崎晃亮(3年)が好投。六回には自らの右前適時打などで2点を返すなど最後まで健闘した。

 東海大相模、県相模原の両校は、山梨県甲府市の山日YBS球場などで16日から5日間、開催される春季関東大会に出場する。


経験の差が明暗分ける


 4点を追う八回2死からだった。県相模原は東海大相模のエース小笠原の2四死球と暴投で、2死二、三塁のチャンスを得た。一打出れば2点差にもなる。この試合、最大の勝負どころだった。

 佐相眞澄監督(56)は打席の市川に「内角に絞って強打」との指示を送っていた。その初球。狙い通りの内角ストレートにしかし、5番打者の手は出なかった。

 「他の投手とは雰囲気が違った。球の軌道も今までで見たことがなかった」。見逃しのストライクを取られた市川は3球目の直球を引っかけ、三ゴロに終わった。

 相手先発から5安打で4得点を奪い、二回途中から上がったエース宮崎は四回以降、一度も走者を許さなかった。堂々と渡り合った県相模原だが、相手の背番号1には無安打。さらに東海ベンチには、桐光学園との準決勝で14三振を奪った右腕吉田がまだいる。神奈川の頂を垣間見たからこそ、その高さも分かっただろう。

 指揮官は見逃した場面について気持ちの差が明暗を分けたと指摘する。「経験の差から気持ちの弱さが出てくる。公式戦の経験をもっと積まないといけない」。その意味で、勢いだけでない力で出場をつかんだ関東大会は絶好の好機と言える。

 「強豪私学が集まる関東大会を勝ち抜いて、もっと自信をつけたい」とキャプテン井口。市川も顔を上げた。「もっともっと打てるように。どんなに速い球でもはじき返せるように練習する」



宮崎はいい投球をしてくれた。先発を任せていたら結果がどう転んでいたか分からないが、エラーをしていては上位で勝てない。関東大会でも上を目指し、公立校の指針になりたい。

春季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング