1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 【写真特集】東海大相模が頂点に 県相模原、悲願ならず

【写真特集】東海大相模が頂点に 県相模原、悲願ならず

高校野球 | 神奈川新聞 | 2015年5月3日(日) 16:54

優勝に輝いた東海大相模の選手たち
優勝に輝いた東海大相模の選手たち

 高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第9日は3日、サーティーフォー保土ケ谷球場で決勝が行われ、東海大相模が県相模原を8―4で下し、2008年以来7年ぶりの優勝を決めた。

他の写真を見る >



 東海大相模は初回に先制を許したものの、その裏に宮地からの5連打で逆転に成功。二回には長短打に失策を絡めて4点を追加して一気に流れをたぐり寄せた。

 先発の北村は六回三分の一を投げて4失点。その後はエース小笠原が救援し無安打に抑えた。

 県相模原は初回に金子が先制ソロ本塁打。逆転された三回に1点、六回にも宮崎の適時打などで2点を返し、意地を見せた。

 エース宮崎は二回途中から救援。前日の準決勝で130球を投げて疲れは残っていたものの、「今日が一番調子は良かった」。伸びのある直球とスライダーを低めに集め、四回以降はすべて三者凡退。七回は三者連続三振と完璧に封じた。

 東海大相模の門馬監督は「手応えのある大会だった」と振り返り、「夏まであと2カ月。ベストを尽くしたい」と話した。

 県相模原の佐相監督は「夏に向けて小笠原君の球を体感できたのは大きい。関東大会は神奈川の代表として、県立高校の代表として立ち向かっていきたい」と意気込みを語った。


準優勝の県相模原の選手たち
準優勝の県相模原の選手たち

優勝した東海大相模の選手たち
優勝した東海大相模の選手たち

表彰を受ける東海大相模の長倉主将
表彰を受ける東海大相模の長倉主将

表彰を受ける県相模原の井口
表彰を受ける県相模原の井口

試合スコア
試合スコア

一回表、県相模原の金子が先制のソロ本塁打を放つ
一回表、県相模原の金子が先制のソロ本塁打を放つ

先発した東海大相模の北村
先発した東海大相模の北村

先発した県相模原の東
先発した県相模原の東

一回裏、東海大相模の豊田が適時打を放つ
一回裏、東海大相模の豊田が適時打を放つ

二回裏、二番手の坂巻から救援する宮崎
二回裏、二番手の坂巻から救援する宮崎

二回裏、東海大相模二死1、3塁。磯網が右前適時打を放ち、追加点を上げる
二回裏、東海大相模二死1、3塁。磯網が右前適時打を放ち、追加点を上げる

投ゴロをさばく県相模原の宮崎
投ゴロをさばく県相模原の宮崎

三回表、県相模原の佐藤汰が右越え二塁打を放つ
三回表、県相模原の佐藤汰が右越え二塁打を放つ

三回裏、県相模原の井口を投ゴロに打ち取る東海大相模の北村
三回裏、県相模原の井口を投ゴロに打ち取る東海大相模の北村

六回表、県相模原一死2塁。宮崎が右前適時打を放つ
六回表、県相模原一死2塁。宮崎が右前適時打を放つ

宮崎の適時打で生還した井口(右)
宮崎の適時打で生還した井口(右)

得点で沸く県相模原の応援席
得点で沸く県相模原の応援席

マウンドの北村に駆け寄る東海大相模の長倉
マウンドの北村に駆け寄る東海大相模の長倉

北村に代わってマウンドに上がる東海大相模のエース小笠原
北村に代わってマウンドに上がる東海大相模のエース小笠原

強打の東海大相模打線に好投した県相模原のエース宮崎
強打の東海大相模打線に好投した県相模原のエース宮崎

春季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング