1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 【写真特集】東海が桐光下し決勝へ 吉田が14奪三振完投

【写真特集】東海が桐光下し決勝へ 吉田が14奪三振完投

高校野球 | 神奈川新聞 | 2015年5月2日(土) 13:29

二回表、東海大相模二死1、2塁。千野が3点本塁打を放つ
二回表、東海大相模二死1、2塁。千野が3点本塁打を放つ

 高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第8日は2日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝を行った。第一試合は東海大相模が桐光学園を6―3で下し、3日の決勝に駒を進めた。同時に山梨県で開催される関東大会への出場も決めた。

他の写真を見る >



 東海大相模は今大会初先発の吉田が先発し14奪三振の完投勝利。

 自慢の直球とスライダーに加えて、この日勝負どころで多投したのは「一番制球が良かった」(吉田)というカーブ。昨年夏の県大会決勝ではスライダーを武器に20奪三振の大会タイ記録を残したが、秋以降はカーブの精度も磨いてきた。吉田は「練習通りできた。勝つピッチングができて良かった」と汗をぬぐった。

 打線は初回に主砲豊田が2ラン、二回にも千野が3ランを放ち、序盤で主導権を握った。終盤3点差まで詰め寄られたが、最終回に主将長倉の犠飛で試合を決めた。

 桐光学園は先発した石山が二回途中で降板。三回以降は恩地、中川が継投し1失点でしのいだ。打線は中盤以降毎回のように得点圏に走者を置いたが、あと一本が出なかった。

 野呂雅之監督は「対策はしてきたが、吉田君に力負け。夏に向けてレベルアップしたい」と話した。


好投した東海大相模の吉田
好投した東海大相模の吉田

好投した東海大相模の吉田
好投した東海大相模の吉田

一回表、東海大相模二死1塁。豊田が2点本塁打を放つ
一回表、東海大相模二死1塁。豊田が2点本塁打を放つ

九回裏、桐光学園二死1、2塁。田中が中前に適時打を放つ
九回裏、桐光学園二死1、2塁。田中が中前に適時打を放つ

ピンチでマウンドに集まる桐光学園の選手ら
ピンチでマウンドに集まる桐光学園の選手ら

先発した桐光学園の石山
先発した桐光学園の石山

救援した桐光学園の中川
救援した桐光学園の中川

春季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング