1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 「勝つことが恩返し」 恩師との対戦望む白山高校

特別な夏
「勝つことが恩返し」 恩師との対戦望む白山高校

高校野球 | 神奈川新聞 | 2020年7月18日(土) 05:00

 夏の甲子園と地方大会中止を受けた県独自の代替大会が8月1日に開幕する。前例のない困難と向き合ってきた選手や指導者、マネジャーら神奈川の高校球界を取り巻く人々を追った。


「打倒横高」を掲げ、代替大会へ意気込む白山の(左から)橋本、小川主将、井上
「打倒横高」を掲げ、代替大会へ意気込む白山の(左から)橋本、小川主将、井上

 「おっしゃ、行くぞー!」。青年監督の甲高い掛け声で、最後のノックは始まった。

 3月上旬、横浜市緑区の白山高グラウンド。保護者やOBら約40人が見守る中、村田浩明監督(34)=当時=が乾いた打球音を響かせる。普段と変わらぬ光景も、受け止める選手の思いは特別だった。一塁手の橋本太陽(3年)は「教えてもらったことを全部出し切りたかったのに、涙でボールが見えなかった」。

 就任7年目の指揮官は直前のミーティングで自身の「異動」を伝えていた。公立校の教員には避けて通れない人事だろうと、誰もが思った。

 コロナ禍が重なり活動自粛も決定。選手はこれが最後と悟ったか、われ先にと大声でボールを呼ぶ。ミスを恐れず、泥だらけで打球に食らいついた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング