1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 麻溝台「背番号2」の重責 高校野球北神奈川大会第7日

麻溝台13-4相模原中等
麻溝台「背番号2」の重責 高校野球北神奈川大会第7日

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年7月17日(火) 00:33

【相模原中等-麻溝台】6回表麻溝台2死。白井が左前打を放つ=サーティーフォー保土ケ谷球場
【相模原中等-麻溝台】6回表麻溝台2死。白井が左前打を放つ=サーティーフォー保土ケ谷球場

【相模原中等-麻溝台】6回表麻溝台2死。白井が左前打を放つ=サーティーフォー保土ケ谷球場
【相模原中等-麻溝台】6回表麻溝台2死。白井が左前打を放つ=サーティーフォー保土ケ谷球場

 第100回全国高校野球選手権神奈川大会第7日は16日、サーティーフォー保土ケ谷球場など8球場で2回戦16試合を行った。

 南神奈川は藤沢翔陵が第2シードの日大藤沢に6-5で逆転勝ち。第1シードの鎌倉学園は10-0の五回コールドで寒川を下した。今大会が最後の出場となる磯子は横浜清陵に七回コールドで敗れた。

 北神奈川では、第2シードの白山が厚木西に六回コールド勝ち。川崎工科の右腕中森恵太(3年)は津久井を4安打で完封した。

 17日は試合がなく、第8日は18日、サーティーフォー相模原球場など8球場で南神奈川大会の3回戦16試合を行う。

▽2回戦(サーティーフォー保土ケ谷)
麻溝台
320 410 3|13
030 010 0|4
相模原中等 
(7回コールド)

 【評】麻溝台が5三塁打を含む15安打13得点で大勝。初回に阿部友、渡邊の連続三塁打で口火を切ると甘い球を逃さず捉え続けた。点差を詰められた四回に齊藤の3点三塁打で試合を決めた。相模原中等は二回に長澤のソロなどで3点を入れ盛り返すも力負けした。

【相模原中等-麻溝台】フォトギャラリー

先輩の思い背負い


 麻溝台の捕手・白井は、こんなに思い入れのある「背番号2」はないと思っている。

 憧れの人から譲り受けた。1学年上だったOB、高井秀俊さん(18)だ。ずっと一緒に練習していた。「練習の取り組み方も、投手に合わせた配球も、最高のお手本だった」

 昨夏の大会直前、うそみたいなことを聞かされた。「悪性のリンパ腫が見つかって手術するから、大会出られないわ」。迎えた初戦。最終回に一打同点の場面で白井に打席が回ってきた。思いに応えられなかった。

 病室で仲間から試合経過を聞いていた「正捕手」は涙が止まらなかった。「やっぱり自分が出たかった」。きっと泣いている白井のことを思うと、もっと泣けてきた。

 今夏はすでに2勝を挙げた。白井は扇の要として守備をまとめ、この日も三塁打を放ちコールド勝ちに貢献。手術が成功し完治した高井さんは、受験勉強の合間に、この夏初めて応援に駆け付けた。試合後に汗だくの後輩に会うと、思いがこみ上げてきた。「ありがとうな、ほんと」。2人で、また泣いた。

 「ずっと先輩の思いを背負ってやってきた」という白井の気持ちはプレーから伝わってきた。「スタンドから見える背番号2が、すごく大きく見えました」。また野球がしたいと思った。


捕手として活躍した麻溝台の白井(右)と、目を赤くしながら後輩に語り掛ける1歳上のOB高井さん=サーティーフォー保土ケ谷球場
捕手として活躍した麻溝台の白井(右)と、目を赤くしながら後輩に語り掛ける1歳上のOB高井さん=サーティーフォー保土ケ谷球場

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング