1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. K100 古豪復活ののろし 竹之内雅史、若田部健一-新倉将大、松丸航太郎 鎌倉学園

受け継ぐ者たち 4/7
K100 古豪復活ののろし 竹之内雅史、若田部健一-新倉将大、松丸航太郎 鎌倉学園

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年7月5日(木) 02:00

今春の県大会では2戦連続の本塁打を放った鎌倉学園の4番松丸=今春の県大会から
今春の県大会では2戦連続の本塁打を放った鎌倉学園の4番松丸=今春の県大会から

 古豪復活ののろしは上がった。

 昨秋、今春と2季連続で県4強入りした鎌倉学園。強打を支える3番・新倉将大は、最後の夏へ決意を込める。

 「先輩たちが築き上げてきた伝統は素晴らしい。それだけに、古豪という言われ方は悔しい。強豪と呼ばれるよう、自分たちの代で変えていきたい」

 手応えは例年以上だ。旋風を巻き起こしたのは秋の県大会準々決勝。夏の王者・横浜に12安打15得点で衝撃のコールド勝ち。新倉は高校初アーチを含むサイクル安打を達成した。続く春も勢いは止まらず、勝った6試合全てで2桁得点。強打のチームを印象付けた。

 1922年創部の伝統校が、100回の節目に夏の甲子園初出場へ勢いづく。挑むのは、96年の歴史の中で誰もこじ開けることができなかった重い扉だ。

 西鉄、阪神で通算216本塁打を放った竹之内雅史は、3年春の62年に鎌学を初のセンバツに導き8強入り。だが、夏は神奈川大会決勝で慶応に敗れた。四半世紀が過ぎた87年。後にダイエーで4度の2桁勝利を挙げるエース若田部健一を擁した夏も、県4強が精いっぱいだった。

新たな伝説を

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

鎌倉学園高校に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング