1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. K100 慶応・重い背番号1 生井惇己-渡辺泰輔

受け継ぐ者たち 3/7
K100 慶応・重い背番号1 生井惇己-渡辺泰輔

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年7月4日(水) 02:00

選抜大会出場の原動力となった慶応のエース生井=今春の県大会準々決勝から
選抜大会出場の原動力となった慶応のエース生井=今春の県大会準々決勝から

選抜大会出場の原動力となった慶応のエース生井=今春の県大会準々決勝から
選抜大会出場の原動力となった慶応のエース生井=今春の県大会準々決勝から

 伝説の剛腕も果たせなかった夢を、100回目の夏につかんでみせる。

 慶応はこの春、2009年以来の選抜甲子園に出場したが、初戦で彦根東(滋賀)に逆転負け。エース生井惇己は、今もなお、あの一球を夏への教訓にしている。

 1点リードの八回2死一、三塁。2ボール2ストライクと追い込んだ後だった。好リードで投手陣を支えてきた2年生捕手・善波力のチェンジアップのサインに、珍しく首を横に振った。

 「変化球が入っていなかった。善波のサインに首を振るなんて、1試合のうち片手で数えるくらい。あそこは、自分の弱い部分が出てしまった」

 最速142キロの速球の威力も落ちていた。真ん中に入ったストレートを、左翼席へたたき込まれた。ただぼう然と、天を仰ぐしかなかった。

 この一戦を、剛腕と呼ばれたかつての「陸の王者」のエースが、ネット裏から見詰めていた。

 1960年に慶応を戦後初めて選抜大会に導いた渡辺泰輔。慶大で東京六大学リーグ史上初の完全試合を達成し、南海ホークスでリーグ制覇にも貢献した右腕は、初めて見た生井に「本当にいいピッチャー。制球力を鍛えればまだまだ伸びる」と太鼓判を押した。

レジェンドの後悔

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

慶応高校に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング